赤帽山形県軽自動車運送協同組合

組織概要

赤帽山形県軽自動車運送協同組合について

 はてな  google  ヤフー  livedoor

組織概要

名称

赤帽山形県軽自動車運送協同組合

認可番号

59登録第3号

設立

1978年3月9日

所 在 地

〒990-0024 山形県山形市あさひ町23-37
TEL:023-634-1700 FAX:023-634-1703

出資金

428万円

事業区域

山形県全域

理 事 長

佐藤 賢一郎

役員

理事長1名・副理事長1名・理事2名

事業年度

自4月1日至3月31日

組合員数

76名

車両台数

94台

主な事業内容

宅配・引越し・定期貸切・スポット貸切・荷扱い業務

理事長挨拶

昭和50年5月、東京・練馬でたった1台の赤帽車で、わが国初の軽貨物運送業が誕生しました。
「赤帽」の名前の由来は、昭和25年、当時鉄道の駅には旅客の荷物を運ぶポーターが常駐していました。赤い帽子が目印の彼らは「赤帽さん」の愛称で呼ばれていました。ある日、汗だくになりながら乗客の荷物を運ぶ際、汗が荷物に落ち、それを自分のタオルでふき取ってから自分の汗を拭く、その姿を創業者の松石俊男が目にし、何よりも「お客様の荷物を大切にしている」姿に心を打たれ、組織名を「赤帽」と命名しました。
以来、「荷主さんの心を運ぶ赤帽車」「礼儀・親切・信頼」の赤帽精神を標榜し、心のこもったサービスを提供し、地域社会に奉仕してまいりました。
これからも、地域に身近な運送業「赤帽」として、組合員一丸となり、お客様のご要望にお応えします。

理事長:佐藤 賢一郎

沿革

1977年
3月
赤帽山形県軽運送組合の名称で山形市城南町に任意組合を設立
1978年
3月
新潟陸運局より協同組合として認可、赤帽山形県軽自動車運送協同組合が発足
1979年
6月
本部事務所を山形市城西町に移転
1981年
10月
東北電波管理局より事業用無線の認可
1986年
3月
県南支部・センターを高畠町に開設
1993年
10月
庄内支部・センターを三川町に開設
1994年
6月
本部事務所および中央センターを事業拡大のため山形市あさひ町に移転
1995年
2月
庄内センターを事業拡大のため同町内に移転
1995年
10月
県南センターを事業拡大のため同町内に移転
1997年
5月
県北支部・デポを新庄市に開設
2003年
12月
県南センターを米沢市に移転
2004年
4月
山形市と災害時輸送協力協定を締結
2005年
6月
山形県と災害時輸送協力協定を締結
2006年
10月
東北総合通信局より特定信書便事業取扱を認可される
2007年
5月
創立30周年式典を開催